カテゴリー

チャンネル名

キーワード

ジャンル検索

おススメ番組をケータイにメール配信
easy my web 新着記事

記事一覧を見る

7

7

Sat

おススメ番組
スポーツ
Cycle*2018 ツール・ド・フランス 第1ステージ ノワールムーティエ=アン=リル 〜 フォントネー=ル=コント

自転車競技

215ch  J SPORTS 4

放送時間 17:35 〜 24:15[生]
出演者、他
再放送 7/31 12:00 〜 17:45  マイリスト登録

©Yuzuru SUNADA

世界最大のサイクルロードレース、ツール・ド・フランスは今大会で105回目の開催となる。サッカーW杯の日程を考慮し、例年より1週間ほど遅い7月7日に3週間の戦いが開幕する。今大会のグランデパール(開幕地)として選ばれたのはフランス西部ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏のヴァンデ県。UCIプロコンチネンタルチーム、ディレクトエナルジーの本拠地でありフランスきっての自転車人気が高い地域だ。今年は、前半でフランス西部から北部に向かい、後半はアルプスからピレネーを目指す時計回りのコース。全21ステージ・全長3329kmのコースには、平坦ステージが8、丘陵ステージが5、山岳ステージが6があり、山岳ステージのうち3ステージは山頂フィニッシュとなる。そして、チームタイムトライアルと個人タイムトライアルがそれぞれ1度ずつある。1週目は第3ステージに35kmのチームタイムトライアルが登場。第5ステージ、第6ステージとブルターニュ地方のアップダウンコースが続く。なんといっても大会前半の勝負どころとなるのは「パリ〜ルーベ」でもおなじみの石畳を通過する第9ステージ。モンサン・ペヴェルやカンフィン・アン・ペヴェルなど15カ所・合計21.7kmの石畳が選手たちに牙をむく。休息日に長距離を移動し2週目はアルプスから始まる。頂上付近が未舗装のプラトー・デ・グリエールが登場する第10ステージ。難関山岳が4つ連続する第11ステージ。ツール伝統の超級山岳、ラルプデュエズ山頂フィニッシュとなる第12ステージ。いよいよ山岳バトルが本格化する。3週目はピレネーで最終決戦となる。第17ステージは65kmという異例の短距離ステージ。しかしペイルスルド(平均勾配6.7%)とヴァル・ルーロン・アゼ(平均勾配8.3%)、そしてツール初登場のポルテ峠(平均勾配8.7%)が詰め込まれた難易度の高いコースレイアウトだ。最後の山岳ステージはアスパンやトゥールマレーといったおなじみの峠を通過し、オービスクを下ってフィニッシュする第19ステージ。そして第20ステージ、フランスバスク地方での31kmの個人タイムトライアルで総合争いが決着する。今年はフィニッシュラインでのボーナスタイム(1位10秒、2位6秒、3位4秒)に加え、中間スプリントポイントとは別に、ボーナスタイムのみが獲得できるポイント(1位3秒、2位2秒、3位1秒)が新設された。さらにUCIルールの変更により1チームの出場人数が9人から8人に減少される。例年のツール・ド・フランスとは一味違う総合争いが繰り広げられるだろう。そして世代交代が進むスプリンター勢の戦いにも目が離せない。105回目の夏、ツール・ド・フランスの歴史に名前を刻むのは誰だ!?J SPORTSでは全ステージ独占生中継!